気になる赤にきびの原因をお知らせします。

 

気になる赤にきびの原因をお知らせします。

赤にきびとは、黒にきびが悪化した状態のニキビを言います。

 

毛穴の中に溜まった皮脂を栄養としてアクネ菌が増殖し、皮下組織を刺激することが炎症になって、
赤にきびになります。

 

 

赤にきびの原因は主にターンオーバーの乱れと、過剰な皮脂物の2つになります。

 

この2つの原因を作らない生活習慣を取り入れると、赤にきびのないキレイな肌を叶えることができますよ。

 

赤にきびの原因はターンオーバーの乱れ

赤にきびの原因は、他のニキビと同様に肌のターンオーバーの乱れによってできる毛穴詰まりです。
肌のターンオーバーを改善するには、肌を適度に保湿すること、そして生活習慣を正したり、食事バランスの見直し、
さらに質の高い睡眠を取ることで、正常なターンオーバーを取り戻ることができます。

 

また、紫外線などの外的影響によって、表皮が硬くなってしまうことからもタ―オーバーの乱れは起こるので、
外出の際には日焼け止めを塗るなどの紫外線対策をすることもおすすめします。

 

赤にきびの原因は過剰な皮脂分泌

赤にきびの原因のもう一つに過剰な皮脂分泌があります。
皮脂が過剰になると、うまく不要な皮脂が排出されなくなり、毛穴に古い皮脂が残ったままの状態になります。
そして、そこにアクネ菌が増殖して、赤にきびを作り出してしまうんです。

 

皮脂分泌が過剰になる原因は、ストレスや過剰な男性ホルモンの分泌、飲酒・喫煙、肌の乾燥、糖分や油分の摂り過ぎ、便秘などです。

 

気になる赤にきびの原因をお知らせします。まとめ!

 

これらに気になるモノがある人は、それを避ける習慣をすることで、赤にきびに悩まされることがなくなりますよ。