本当に!思春期にきびの原因はご存知ですか?

 

本当に!思春期にきびの原因はご存知ですか?

青春の象徴とも呼ばれることが多い、思春期にきび。

 

人間の成長する過程の中で発生しますが、年齢を重ねると自然と治ってしまうものでもあります。

 

思春期にきびができると、恥ずかしいという気持ちや不衛生な人と見られるのではないかと考えて、人付き合いが苦手になる人もいますよね。そんな思春期ニキビを解決したいなら、まずはできる原因を知っておくことが大切。

 

 

原因がわかると、正しいケアの仕方もちゃんと見えてくるものです。

 

13〜18歳頃にできる思春期にきびの大元の原因は、男性ホルモンの分泌量の増加。

 

思春期にきびの原因は男性ホルモンが関係しているの?

過剰に分泌された男性ホルモンが、皮脂腺を刺激することによって皮脂分泌を盛んにしてしまうんです。
この時期は、皮脂分泌がかなり過剰になるので、毛穴からの排出が追いかず、
毛穴に残った皮脂は古くなった角質や汚れなどと混ざり合って、毛穴を塞いでしまのです。
そして、そこに肌の常在菌であるアクネ菌が増殖して、ニキビという肌トラブルとしして肌表面にあらわれるんですよ。

 

 

思春期にきびの原因はアクネ菌なの?

良くアクネ菌がニキビの作る菌だと言われていますが、これは間違い…。
アクネ菌は肌を正常に保つために必要な常在菌なので、殺菌してしまうわけにはいきません。
ですから、思春期にきびを解決したいのでれば、毛穴に皮脂がたまりづらい状態をキープすることが大切なんです。

 

 

思春期にきびの原因はご存知ですか?つまり!

 

思春期にきびの正しいケア法は、皮脂分泌を抑制する化粧品を使う、
そして肌表面を清潔にするためにこまめに洗顔をすることが大切になります。